レシピ

枝豆の美味しい茹で方

  1. 枝豆250g、塩(茹でる水に対して4)、鍋を用意する。(水1リットル以上入る鍋)

    (沢山の枝豆を茹でる時は、お湯の量を倍にするより、2度に分けて茹でる事がお勧め)

  2. 水でサッと洗い流した枝豆をゆでる前に塩10グラム(小さじ1杯)を使ってもむと、

    産毛がとれ、うま味がアップします。(5分~10分程度塩をなじませる

  3. 1リットルを沸騰するまで沸かし、塩を30グラム入れる。(大さじ2杯)

    塩もみした枝豆は、洗い流したりしないで一緒に入れる。

    茹でる時の塩の総量が、40グラムになればよい

  4. 再沸騰してからは火を弱火に落とし、茹で加減をみながらお好みの硬さになるまで茹でる

    3分~4分、5分以上茹でてしまうとアミノ酸が流出します

    固茹での場合は、薄皮の色が茶色になりにくいです。

  5. ザル等の器にあけ、うちわや扇風機などで手早く冷ます。冷めて食べた方が甘みが出ます。

    氷水につけると塩が抜け、栄養が水に逃げてしまいますので、2秒以上つけない

  6. 冷やした枝豆の方が特に好きな方は、常温まで冷めたら冷蔵庫で30分~60分寝かす。

    (ゆでたての枝豆はすぐ食べないと味が落ちていきます)

  7. よい塩加減なので塩振りは必要ありませんが、しょっぱい味が好きな方は、振ってもOK

枝豆の保存方法

・枝豆はその日に食べないモノは、袋のまま冷蔵庫(野菜室)に保存(2~3日)

長く保存する場合は少し固めに茹でて袋に入れ冷凍庫で急速冷凍。

食べる時に凍ったまま沸騰した鍋に入れて茹でます(中の豆が熱くなるくらい)

会員登録でポイントプレゼント


会員登録、登録で100ポイントプレゼント

メールマガジン登録

お買い物ガイド
GIマーク

新潟の逸品大集合!

茶豆

シャインマスカット
和梨
越後姫
新潟の果物

新潟の水産品
田舎の味
伝統野菜
星六味噌

FAXでまとめて注文できます!

FAX注文

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

店長日記

店長写真

安心安全にこだわって厳選した新潟自慢の逸品を、産地から直接お客様にお届けしています。
その中でもオススメの逸品は、黒埼茶豆、ルレクチェです。
店長日記はこちら >>



フェイスブック

人気ランキング

【かぐら南蛮1kg(約20個)】山古志で栽培される、さわやかな辛味の南蛮(とうがらし)。季節の味覚をご家庭で!

¥1,700(税込)

香り鮮やか山古志の宝。かぐら南蛮
パスタ、カルパッチョ、ピッツァなどのイタリア料理や中華系の炒め物に最適な食材です。
※商品のお届けは、8月下旬から10月下旬(霜が降りるまで)となります。

朝採り新潟黒埼産 晩生枝豆「肴豆(さかなまめ)」2kg

¥3,680(税込)

夏の終わりを惜しむ逸品、まぼろしの枝豆肴豆(さかなまめ)。
朝採りしたその日に新鮮なまま鮮度維持袋に入れて梱包し発送します。
日本海の海水100%で手作りされた郷海の塩を限定でお付けします。
※商品のお届けは9月下旬頃からの出荷予定です。

【笹団子】無添加・手づくり老舗菓子舗の笹だんご(10個入り)

¥1,600(税込)

伝統的な作り方をそのままに、工業化せず素材と手作りにこだわり、
仕上げたのが江戸屋餅菓子舗の「こだわりの手作り笹団子」です。
すべて「手作り」であること、「無添加」であることにこだわり、
使用する素材は安全にいただけるよう地元の素材にこだわっています。

【笹団子】無添加・手づくり老舗菓子舗の笹だんご(30個入り)

¥4,700(税込)

伝統的な作り方をそのままに、工業化せず素材と手作りにこだわり、
仕上げたのが江戸屋餅菓子舗の「こだわりの手作り笹団子」です。
すべて「手作り」であること、「無添加」であることにこだわり、
使用する素材は安全にいただけるよう地元の素材にこだわっています。

【ぽっぽ焼き】新潟屋台の大人気定番菓子(30本入り)

¥1,800(税込)

大人も子供もみんな大好き、新潟B級グルメ「ぽっぽ焼き」
新潟のお祭り屋台では大人気定番菓子。
黒糖の風味ともちもち食感をお楽しみください。
商品は真空パックになっており、加熱する時は袋から取り出し、別の容器に入れ替えてから温め直して下さい。

ページトップへ